中古バスを選ぶ|中古バスを選んで購入しよう!【目的に合った車両をゲット】

中古バスを安く購入するために知っておきたいこと

中古のバスを選ぼう

バスの購入を検討しているなら、中古バスに目を向けるのもいいでしょう。中古バスは新品バスよりも品質は落ちているものの、数百万円単位でコストを削減することが可能です。

中古バス選びで購入者が見ているポイント

no.1

オーナーの数

中古バスを購入する方でよく聞かれるのが、今までその車両を保有したオーナーの数です。基本的にオーナーの数が少なければ少ないほど、安全性が高い中古車と言われています。そのため、オーナーの数に着目する方も多いのです。

no.2

使われていた場所

今までその車両がどこで使われていたかも重視されるポイントになります。何故かというと、中古バスは使われていた場所によって、内部の損傷が大きく異なります。ですから、内部の損傷が酷い車両を選ばないためにも予め販売業者に確認しておきましょう。

no.3

レンタカーだったか

中古車両がレンタカーだった場合は整備や管理面において、しっかりとしていると期待することができます。そのため、マイクロバスを購入する方の中には、レンタカーだったかどうかを確認する人も多いのです。メンテナンスがきちんとしていることは、中古車選びの基本ですから、このポイントも重要と言えるでしょう。

no.4

定期点検記録簿

メンテナンス状況を手っ取り早く、確認するために定期点検記録簿の有無で業者を選ぶ方もいらっしゃいます。点検記録簿によって、中古バスの問題が一目瞭然です。もしも、中古バスを選びに悩んでいるなら、この点検記録簿を確認するのもいいでしょう。

no.5

販路経路が豊富か

販路経路を豊富に持っている業者は取引できるパイプを確保しているために、自身の希望通りの中古バスを提供してくれることが多いです。しかも、販路経路を豊富に持っている業者は中古バスを売却する時も高価で買い取ってくれるので、選び方としてもピッタリと言えるでしょう。

中古バスを選ぶ

模型

中古バスを安く購入する

中古バスは、新品バスよりもリーズナブルな価格で手に入れることができますが、より安く手に入れる方法をご存知でしょうか?もしも、少しでも安く中古バスを購入したいというのであれば、安く購入する秘訣を知っておきましょう。

カラーにこだわらない

中古バスを購入する上で安さを重視するのであれば、車体のカラーにこだわりを持たないようにするといいでしょう。中古バスは同じ仕様やタイプでもカラーによっては、数十万円の差額があります。ですから、カラーにこだわりを持たないことも安く購入する秘訣なのです。

モデルチェンジを待つ

当然、中古バスは年式によっても価格が変動します。そのため、年式を調べて中古バスを購入する方もいることでしょう。しかし、年式を気にして選ぶよりもモデルチェンジのタイミングを見計らって購入する方がお得に車両を手に入れることができます。

値引き交渉する

中古バスを安く購入する方法で上級者向けな手段が値引き交渉になります。基本的に中古車両には代行費用などによって、多めの金額が設定されています。しかし、その代行費用は自身で手続きを行うことで削減することが可能なのです。また、即決価格を決めているのであれば、業者に直接相談するのもありです。